TEL
インターネット予約
はこちらから
menuMENU
HOME > 診療メニュー > 皮膚・皮下腫瘍・ホクロ



皮膚・皮下腫瘍
(粉瘤など)


皮膚腫瘍とは

皮膚腫瘍のほとんどはいわゆる良性腫瘍と呼ばれる問題のないものですが、放置すると大きくなるものもあります。
中には悪性腫瘍であったり前癌病変(放っておくと高い確率で癌となる状態)であったりすることがあります。
まずはご相談下さい。

良性の腫瘍について

表皮嚢腫(アテローム・粉瘤)

なだらかに隆起しているしこりで表皮がめくれ込んで袋状になり、異臭を放つ白い粥状物が詰まっています。押さえると白いものが出てきたり臭いがします。手術となる良性腫瘍で最も多く、全身どこにでも生じます。

脂漏性角化症(老人性疣贅、イボ

皮膚が老化してできるイボです。顔面に少し隆起した黒褐色から茶褐色のできものです。日光が当たるところに多くできます。
小さいものは高周波で電気的にイボを蒸散させます。

悪性の腫瘍について

悪性黒色腫(メラノーマ)

日本人では足の裏に発生することが多く、大きくなったり、形がいびつで色に濃淡がある場合は可能性があります。
またホクロが悪性に転化する場合もあり、気になる方は小さいうちに切除した方が良いかもしれません。

基底細胞癌

顔面など日光に当たる部分によくできる、黒褐色の光沢を伴うホクロに似た腫瘍です。
進行はゆっくりで転移もほとんどありませんが、大きくなる前に完全に切除する必要があります。

有棘細胞癌

やや隆起して潰瘍を生じたりする皮膚色や紅色の腫瘍です。大きくなると悪臭を生じることがあります。
昔のやけどの跡が潰瘍になってなかなか治らない時にも疑われます。
治りにくい湿疹と思われることもあり、早めの受診をお勧めします。
リンパ節などに転移する可能性があります。

悪性腫瘍の手術

腫瘍を取り残さないように周囲の正常皮膚を含めて大きめに切除します。
そのまま縫合できない場合には、周囲の皮膚やほかの部位の皮膚を移植します。
複雑な手術が必要な場合や、手術後の化学療法(抗癌剤)などが必要なものは設備の整った病院に紹介いたします。

保険適応になるホクロについて

生活に支障をきたしたり、外観を損ねるような大きなホクロや体のホクロは、保険適応となります。
保険の治療は基本的に手術となり、ホクロを切除して縫合する方が傷跡が目立ちにくくなります。また悪性を疑うような場合でも保険適用になります。切除して病理検査に出すことになるからです。

皮膚腫瘍の治療の流れ

1. 電話予約(空きがあれば当日診察もできます)
2. 受診 診察、手術説明、手術日時を決定。
3. 手術
4. 翌日 受診、処置があります。問題なければシャワー浴可となります。
5. 1週後 抜糸、テーピングの指導。
6. 1月後 傷跡の確認をします。
ホクロ(保険適応)の治療の流れイラスト

よくあるご質問

Q.

ガングリオンというデキモノが出来てしまいました。どんな治療法がありますか?

A.

ガングリオンは主に関節近くに出来る皮下の瘤です。内部にゼリー状のものが溜っています。
治療法としては手術か、内容物の穿刺・吸引がありますが、吸引しても直ぐに再発することが多いです。
ガングリオンは関節に問題のあることがあり、手術で切除した場合でも再発することがあります。


Q.

危険なホクロがあると聞いた事があるのですが、危険なホクロってどんなホクロですか?

A.

ホクロと間違えやすいものが2種類あります。基底細胞癌と悪性黒色腫です。専門医以外にホクロと区別するのは難しいですが、一般的に言うと、色がまだらになっている場合や出血する場合には悪性の可能性があります。


Q.

ニキビだと思っていたら、粉瘤(アテローム)と言われました。アテロームって何ですか?

A.

粉瘤(アテローム)とは、皮膚の細胞が皮下に埋入して皮膚の袋ができた状態を言います。
ニキビとは異なり、自然に治癒することはありません。
炎症や感染を起こすと痛みや臭いなどの症状が出てきます。
治療としては、摘出手術になります。


Contact

岡山県倉敷市黒崎3-1

086-463-3663