こやまクリニック 形成外科・美容外科

TEL
menuMENU
HOME > 診療メニュー > 医療脱毛(レーザー脱毛)

医療レーザー脱毛

医療レーザーを使ったレーザー脱毛です。どんな部位でも脱毛できます。

5回のパスポート制度もあり、5回目以降もお得です。

 

医療レーザー脱毛について

ダイオードレーザーによる脱毛

腋窩(ワキ)・前腕・上腕
下腿・大腿
ひげ・VIOライン

当院では、ダイオードレーザーによる脱毛治療を行っています。
腋窩(ワキ)、下腿、大腿、前腕、上腕、ひげ、VIOラインなどの脱毛で、数回かけるとだんだんうすく疎らになり、毛が生えなくなってきます。

下腿や前腕では肌に合わないことがないかどうか見るために、まず一部にテスト照射を行います。

Medio StarNeXTによる施術
これまで、脱毛は毛根にダメージを与えるのが目的とされてきました。そのため、かなり高温での施術となるのでお肌にはかなりの負担がかかっていました。
そこで当院が導入したのがMediostar NeXTPROというダイオードレーザーです。
これは、毛根ではなく毛根に栄養を与える細胞(毛包幹細胞)をターゲットとしていて、なおかつ肌へのダメージを最小限に抑えるため、じんわりと熱を与えるので、痛みを抑えながら、効果の高い脱毛ができます。
またこの機械にはニキビ跡や顔のタイトニング効果も期待されています。

Medio StarNeXT 接触式の照射
レーザー光の錯乱を回避、部屋内部の光の錯乱回避、皮膚内部の光の錯乱回避。
ターゲットまでの距離を短縮しジェルの利用でさらに皮膚へのレーザー伝導率を高めます。

料金はこちら

医療レーザー脱毛

こやまクリニックの脱毛の特徴

医師が行う医療脱毛

当院では院長が医療許可を受けた医療機器を使って脱毛を行いますので、安心して施術を受けていただけます。

肌に優しく、十分な脱毛効果

 レーザー脱毛は、肌に優しく、十分な脱毛効果があります。
アメリカの公的機関 FDA(日本でいえば厚生省に相当)において、永久脱毛の効果があると認可されており、その安全性が
認められたレーザー脱毛です。


毛の構造と効果

・レーザー光は毛に含まれるメラニンに対して、エネルギーが吸収されます。
・エネルギーは熱として組織に届きます。
・毛球、バルジ、毛母細胞および周辺の毛細血管に熱ダメージを与えます。
・毛の成長過程を破壊する効果を得ます。
毛の構造3.png

料金はこちら

毛周期と効果

毛周期は成長初期、成長期、後退期、休止期に分かれています。

・成長期にある時期の毛胞(全体の約30%)がもっとも反応します。
・後退期、休止期の毛胞にはあまり反応しません。
・基本的に破壊された毛胞からは毛が生えてこなくなります。
・毛の成長期にあわせて、複数回のレーザー照射が必要となります。


施術の流れ

1. 施術部位を剃毛していただきご来院ください。(クリニックにての剃毛も可能です)
2. 施術部位にジェルを塗り、照射していきます。痛みが少ないので、麻酔等の必要はありません。
3. 施術が終わりましたら、ジェルを拭き取ってそのままお帰りいただけます。

注意点
・脱毛治療の約3~4週間前から毛抜き、ワックスなどでの処理はしないでくさい
・治療は約5回程度必要となり、約1ヶ月間隔で治療します。
・脱毛予定部位の毛は治療当日の朝か前日の夜に剃って下さい。
・洗顔、お化粧は治療当日より可能です。


よくあるご質問

Q.

医療脱毛とエステサロンの脱毛の違いを教えて下さい。

A.

高い効果が望める医療レーザーでの脱毛は医療行為になるので、エステサロンではできません。
本来医師が行う必要があります。

Contact

岡山県倉敷市黒崎3-1

086-463-3663