こやまクリニック 形成外科・美容外科

TEL
menuMENU
HOME > 診療メニュー > アザ



アザ


アザの種類

アザには、大きく分けて色素性母斑(黒いアザ)、血管腫(赤いアザ)、大田母斑等(青いアザ)、扁平母斑(茶色いアザ)があります。

 

色素性母斑

生まれつきの黒いアザで、体のどこにでもできます。大きなものでは将来悪性化することもあります。
治療としては、手術になります。大きな場合には、入院手術が必要な場合もあります。
入院手術が必要な場合は、入院設備を備えた病院をご紹介します。

血管腫

赤いアザで、生まれつきのものも生後数か月で出てくるものもあります。体のどこにでもできます。
治療法としては、レーザー治療と手術とがあります

太田母斑、異所性蒙古斑など

青いアザで生まれつきのもの、2~3歳ころに出るもの、思春期に出るもの等があります。
太田母斑は目の周囲に、異所性蒙古斑は体のどこにでもできます。治療としては、レーザーが効果的です。

扁平母斑

うすい茶色のあざで生後半年頃、または思春期に出るものが多いようです。

体のどこにでもでます。治療としてはレーザー治療が主ですが、再発が多く、あまり効果的な治療法がないのが現況です。




太田母斑(治療前)

太田母斑(治療前)




太田母斑(治療後)

太田母斑(治療後)


レーザー治療について

アザ、シミ、イレズミなど色素性皮膚疾患治療に有効なのが『The Ruby nano_Q』です。
『The Ruby nano_Q』は非常に高いピークパワーを安定して照射できるように設計されています。強力なエネルギーは皮膚の最深部へ到達し、深在性色素疾患に高い反応を示します。

カライドスコー プを使用している『The Ruby nano_Q』の光 は トップハット型の均ーなパワーモー ドです。

治療したときにできる病変部の創面がフラットになり、治癒が早く、 炎症が軽度ですみます。

一方、他のルビー レーザーに代表されるガウシアン型やダブルスポットのレーザー光は、エネルギーの強いところ と弱いところができてしまいます。

(図1照射部位の断面 ・ 出力分布 ・ エネルギー分布。)

『The Ruby nano_Q』は、フラットで切れのいいビームが照射されますので、均ーなホワイトニングが起こり、照射部位の境界が明瞭です。

『The Ruby nano_Q』のMAXパワーは十分に余裕を持って設計されていますので、 ホワイトニングが起こる最小のパワーを選択して治療することで、病変部を素早く癒皮化へと導き、可能な限り炎症を抑えた治療が実現できます。

 

The ruby 図1


※太田母斑は、保険治療の対象となります。

 

Contact

岡山県倉敷市黒崎3-1

086-463-3663