こやまクリニック 形成外科・美容外科

TEL
menuMENU
HOME > 診療メニュー > 瘢痕(傷跡)

瘢痕(傷跡)


傷跡をきれいに治療する

外傷や熱傷や手術跡の傷跡が目立つ場合には、形成外科での治療が有効です。



治療法

内服、外用、注射、レーザー、電子線、手術などがあります。
手術が可能な場合には、手術が最も効果的です。電子線は手術との組み合わせで威力を発揮します。
手術できない場合や、手術をしたくない場合には、レーザーや注射をする場合もあります。
外用や内服はほかの治療と組み合わせる場合が多いのですが、単独使用の場合もあります。ただ、効果という意味では、手術、レーザー、注射、次いで外用、内服となります。レーザーは自費ですが、他の治療は保険診療になります。

Contact

岡山県倉敷市黒崎3-1

086-463-3663