こやまクリニック 形成外科・美容外科

TEL
menuMENU
HOME > 診療メニュー > イボ



イボとは

脂漏性角化症(老人性疣贅、イボ)

皮膚が老化してできるイボです。顔面に少し隆起した黒褐色から茶褐色のできものです。日光が当たるところに多くできます。
「治療」
高周波で火花を飛ばし、イボを蒸散させます。

ウイルス性のイボ(尋常性疣贅)

尋常性疣贅はウイルス性疣贅の代表的なイボです。手足に好発し、小児に多くみられます。
単発性のこともありますが、多くは多発します。
成人の場合、顔面・頸部・頭部などにみられます。
「治療」
電気メスによる焼灼術や液体窒素による凍結療法が行われます。

治療の流れ

1. 電話予約(当日診察もできます)
2. 診察にてイボの種類、治療法を説明
3. 施術部位に細い針を使用し、麻酔をします(麻酔に不安のある方はご相談ください)
4. 高周波にてイボを蒸散させて除去します(術後通院の必要はありません)

イボ取り後、施術部位はかさぶたになり、かさぶたは数日~約2週間程度でとれます。
その後うすい赤みができますが、約6か月程で目立たなくなります。
施術部位の日焼けにはご注意ください。日焼け止めの使用をおすすめします。

Contact

岡山県倉敷市黒崎3-1

086-463-3663